一枚の写真 No.4

f0057070_23212535.jpg

[PR]
# by charsuq | 2006-04-15 23:21 | Comments(0)

「列車に乗った男」 パトリス・ルコント監督

 夢に見たもうひとつの人生、それは誰の中にもあるのではないだろうか。

 移動を続ける男とひとつのところに留まり続ける男。彼らは自分の人生に安住しているのではなく、心のどこかで「もうひとつの人生」を夢見ている。

 美しい映像としっとりとした音楽、それだけでも観る価値があるのだが、語り部としてのルコント監督による演出は素晴らしい。心象的なラストシーンを甘いと捉えるか、うまいと捉えるかは意見のわかれるところだと思う。決して若くはない男たちが手に入れることができなかったものへの哀惜の念、それを限りない優しさと静けさで表現したエンディングに僕は救われた気がした。

 死に際に「もう一度同じ人生を生きたいか?」と耳元で尋ねる声に僕は「然り」と答えることができるのであろうか。
                                          (2002年 フランス)
[PR]
# by charsuq | 2006-04-15 13:00 | 銀の街へ | Comments(0)

「忘れられた日本人」と「塩の道」 宮本常一

 宮本常一さんのことをはじめて知ったのは、大学を卒業してからだったと思う。中国への旅において、船中で同室となりその後天津、北京まで行動をともにした人とその後手紙のやり取りが続いた。いつかの手紙で彼は「今年は宮本常一さんの本をよく読みました」と書いていた。宮本さんという人は民俗学者であることを知ったが、異国への旅が好きな彼と宮本さんがうまく僕の中で結びつかなかった。

 彼は休職してマレーシアに渡って生活しているようだった。コナキタバルから手紙をもらったのだったが、僕が怠けて返信をしないまま月日が流れ、その後彼がどのような生活を送っているのか今ではわからない。律儀に連絡をくれていた彼に申し訳ないと思い、実家に一度手紙を送ろうと思っている。

 異国への旅を繰り返す僕に「外国なんか興味ない、日本をもっと知りたい」と言う人がたまにいる。それはその人の好みの問題なのだが、僕は少なくとも日本を知りたくないと思っているわけではなく、異国に行くたびに祖国としての日本を徐々に意識するようになってきている。あまりにも偏った愛国心や郷土愛というのは好まないが、自分の根っこにあるものを少しづつ知りたいという気持ちが以前にもまして強くなってきて氏の著書を手にしてみた。

 以前に読んだ本に対して知人が「世間師」についてコメントしてくれた。「広く旅をして広い見識を持ち、世間のことをよく知っているだけでなく、ある見識を持っていて、ことある時には良き相談相手となり、周囲の人に役立つ人」ということである。氏のことを「旅する巨人」と表現した本があったと記憶するがまさに広範囲なフィールドワークと膨大な著作、皆が語る人柄は宮本常一という人自身が偉大なる「世間師」であったと同時に、氏もまた「世間師」に興味を抱き「忘れられた日本人」の中で彼らの人生をよく聞き、よく書かれている。主に地方の老人たちを文化の伝承者として掬い取られた彼らの日常は、かたちをかえこそすれ、そのもの自体は消え行くかもしれないと僕に感じさせたが、活き活きと描かれていた。

 講談社学術文庫の「塩の道」は、塩の道、日本人と食べ物、暮らしの形と美の3部で構成されている。日本という国、日本人というものを「塩」や「食べもの」「生活の道具」を通して体系的に考察されていて、僕の中にあった民俗学という概念が広がったと感じた一冊であった。
[PR]
# by charsuq | 2006-04-15 09:42 | 雑記 | Comments(0)


いつか また どこかで


by charsuq

プロフィールを見る

トライバルラグの販売サイト

オールド・アンティークのトライバルラグ&テキスタイルを販売しています。非売品もあり、ほとんどは値段を表示していませんが、お気軽にお尋ねください。Gallery Forest


1.私へのメールはこちら。その際はタイトルに「旅と絨毯とアフガニスタン」の文字を入れてください。そうでなければ見ずに削除してしまうかもしれません。
2.写真の無断転載禁止。

カテゴリ

全体
自己紹介
My collection
絨毯 キリム
アフガニスタン
Photo album
じゃらんじゃらん
ブータン

染織と民族衣装
雑記
奈良のこと
美術館 博物館
読書灯
登山 大峰山系
登山 台高山系
登山 葛城・金剛・紀泉
登山 鈴鹿山系
登山 近畿その他
登山 あれこれ
植物
昆虫
樹木
樹に咲く花
山と野に咲く花
動物 鳥
シダ


虫こぶ
イモムシ
きのこ

日本酒(家飲み)
日本酒(外飲み)
銀の街へ
男子の厨房
家族

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

お気に入りブログ

イスラムアート紀行
部族の絨毯と布 caff...
奈良今昔物語
日本酒のおと

最新のコメント

今週は二日もお会いしまし..
by charsuq at 08:57
今日日本酒と私でご一緒さ..
by fmyr1107 at 21:17
鍵コメント様 ok。ま..
by charsuq at 20:35
奥羽自慢をブログで紹介し..
by 奥羽自慢 at 08:35
やまぞえくん やっぱ、..
by charsuq at 22:15
蠍座には私も足繁く通って..
by やまぞえ at 00:11
じんじさん、僕が1歳のと..
by charsuq at 22:19
74年に外語卒業前に初め..
by じんじ at 11:59
じんじさんは猫好きだった..
by charsuq at 20:44
私が勝っていた猫は白いヒ..
by じんじ at 23:08

検索

記事ランキング