「食の堕落と日本人」 小泉武夫

 最近、食育という言葉をよく目にします。

 僕は高級な料理店と縁がないし、所謂グルメではない。
ただ、旬のもの、その土地のものは大好きだし、手間隙をかけた料理はやはり美味しいと思う。

 東京農業大学教授の小泉先生の本は好きで何冊か読んでいるし、日経新聞の夕刊の「食あれば楽あり」も楽しみにしている(最近はゆっくり新聞を読むことができていないが)。

 タイトル通り日本の食生活の乱れを嘆きながら、日本食の素晴らしさを紹介しその堕落をいかに食い止めるかということまで書かれている。彼の本を読むたびに鰹節を削って食べたいと思う。今実家で削り器を探しているのだがまだ見つからない。

 音楽や映画に関しては日本以外のもののほうがが好きなのだが、食事に関しては僕はやっぱり日本食がいい。自分は魚食民族であり粒食民族であり水食民族なのだとつくづく思うのだ。

 食に関して興味深いドキュメンタリー映画があった。知人がHPで紹介していたのだが「スーパーサイズ・ミー」というタイトルで監督が食事はマクドナルドでしかとらない生活を一ヶ月続けようとする自虐的映画だ。これを観ると如何に体に悪い食べ物であるかということがわかる。

 日本の素晴らしい文化を僕は少しづつ学んでいきたい。
f0057070_20571185.jpg

 ↑ JR天王寺駅に掲示してあった「伊右衛門」のポスターを撮影

※「読む」ではなく「食べる」に分類
[PR]
# by charsuq | 2006-03-23 21:02 | 雑記 | Comments(2)

ふたつの双龍

 いや~昨日は本当にうれしい日でした。珍しく何時間もテレビを見つづけていました。
「これほど日本を誇らしく思ったのは久しぶりではないか。日の丸の国旗が実に美しかった」とのキャスターの言葉に僕も深く同意する。白いごはんに梅干をのせて食べてしまったもの。

 野球を見る直前に僕はふたつの双龍に出会いました。
絨毯屋の知人のブログで「龍の気配を感じた一日」という素敵な記事がありました。それを真似るわけではないのですが、重なった偶然に少し驚いています。

 下山してから訪れた長岳寺の本堂でチベットの絨毯を目にしました。とりわけ珍しい絨毯ではなかったのですが、こんなところで絨毯に出会ったことに僕は少なからず興奮してしまいました。
f0057070_22311435.jpg

f0057070_22312493.jpg

 東京でチベット絨毯販売をされている方がときおり催事のために大阪に来られるので、今まで延べ3回にわたってチベット絨毯を見せてもらいました。その中で僕が最も気に入ったのが「龍」の文様でした。
 チベット絨毯では「織り棒」を使うようです。知人と京都の高島屋前で待ち合わせしていて、少し早めに着いたので百貨店の中をぶらぶらしていたら、催事場でチベット絨毯を織っておられ、そのとき初めてこの不思議な技法を知ったのです。

 夜、ニュースを見ようと早めにテレビをつけたとき「なんでも鑑定団」が放映されていました。骨董好きの社長が250万円の工事費を現金で回収できず、「これで勘弁してくれ」と差し出されたものをみて即OKしたのが「呉須の大皿」でした。
 結局これは明代後期の本物であることがわかったのですが、その中央部に描かれていたのが「双龍」でした。

 先日「貧好きの骨董」について書きましたが、酔っ払っていたので多くを書けませんでした。「私は骨董の価値は~」の文章の前に著者が批判的だったのが、この「なんでも鑑定団」で一喜一憂する理由が「物のもつ金銭価値の上下」であるということでした。
[PR]
# by charsuq | 2006-03-22 22:38 | 絨毯 キリム | Comments(0)

じゃらんじゃらん 4 _ 奈良(長岳寺) 2006.3.21

 龍王山の麓にある長岳寺は824年淳和天皇の勅願により弘法大師が創建した寺である。

 今まで拝観料を払ってまで入ってみようという気がしなかったのですが、今日はお彼岸であり鐘の音が何度も聞こえてきたからでしょう、ふと訪れてみたくなりました。
f0057070_1321474.jpg

f0057070_13214217.jpg

f0057070_13212174.jpg
f0057070_13212832.jpg
f0057070_13213510.jpg


 本堂ではチベット絨毯に出会いました。(これについてはまた書きます)

 やっぱり何でも出来るだけ多くを見ておくべきだと思いました。
[PR]
# by charsuq | 2006-03-21 13:37 | じゃらんじゃらん | Comments(5)


いつか また どこかで


by charsuq

プロフィールを見る

トライバルラグの販売サイト

オールド・アンティークのトライバルラグ&テキスタイルを販売しています。非売品もあり、ほとんどは値段を表示していませんが、お気軽にお尋ねください。Gallery Forest


1.私へのメールはこちら。その際はタイトルに「旅と絨毯とアフガニスタン」の文字を入れてください。そうでなければ見ずに削除してしまうかもしれません。
2.写真の無断転載禁止。

カテゴリ

全体
自己紹介
My collection
絨毯 キリム
アフガニスタン
Photo album
じゃらんじゃらん
ブータン

染織と民族衣装
奈良のこと
雑記
読書灯
登山 大峰山系
登山 台高山系
登山 葛城・金剛・紀泉
登山 鈴鹿山系
登山 近畿その他
登山 あれこれ
植物
昆虫
樹木
樹に咲く花
山と野に咲く花
動物
シダ


虫こぶ
イモムシ
きのこ

日本酒(家飲み)
日本酒(外飲み)
銀の街へ
男子の厨房
家族

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

お気に入りブログ

イスラムアート紀行
部族の絨毯と布 caff...
奈良今昔物語
日本酒のおと

最新のコメント

今週は二日もお会いしまし..
by charsuq at 08:57
今日日本酒と私でご一緒さ..
by fmyr1107 at 21:17
鍵コメント様 ok。ま..
by charsuq at 20:35
奥羽自慢をブログで紹介し..
by 奥羽自慢 at 08:35
やまぞえくん やっぱ、..
by charsuq at 22:15
蠍座には私も足繁く通って..
by やまぞえ at 00:11
じんじさん、僕が1歳のと..
by charsuq at 22:19
74年に外語卒業前に初め..
by じんじ at 11:59
じんじさんは猫好きだった..
by charsuq at 20:44
私が勝っていた猫は白いヒ..
by じんじ at 23:08

検索

記事ランキング