<   2017年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ガパオライス

妻に頼ってばかりではいけないと思いながら、つい怠けてしまう。少なくとも週一回は料理をしよう。
夏野菜がたくさんあり、鶏ひき肉ともやしだけ購入し、日曜日の昼は夏に食べたいガパオライスを作りました(写真いまいち・・)。

【材料(2人分)】
ごはん   2カップ
鶏むね挽肉  200~250g
玉ねぎ   1/4
ピーマン  1個
万願寺唐辛子 1個
プチトマト 4個
もやし   100g
卵     2個
鷹の爪   1本
ニンニク  1片
生姜    少し
バジル   10~15葉
柚子    1/2

日本酒   大1
オイスター 大1
ナムプラー 大1
砂糖    小1/2

【作り方】
1. ピーマンと万願寺唐辛子、玉ねぎを1~2cm角の大きさに刻む。ニンニクと生姜はみじん切り。バジルは水で洗い水気を切る。調味料を合わせる。
2. フライパンに少し油(我が家ではコメ油)を入れ、ニンニクと生姜が香りが出るまで炒める。玉ねぎと鶏ひき肉と細かくした鷹の爪を入れ火が通るまで炒め、ピーマンを投入(パプリカなかったので)。
3. 具材に火が通ったら、合わせ調味料とバジルを入れ、煮汁を少し残して火を止める。
4. 別のフライパンでほんの少しの塩と胡椒でもやしを炒める。
5. もやしを皿に移し、黄味が半熟の目玉焼きを作る。
6. 皿にご飯と3~5の具材を盛り、バジルの葉とプチトマトを添える。
7. 柚子などの柑橘系をぎゅっと搾って出来上がり。

※ 味付けは少し薄いと感じるくらいが好みで、バジルや柚子・ライムなどを多めに使ったほうが美味しいと思います。

f0057070_19312310.jpg

[PR]
by charsuq | 2017-07-31 19:31 | 男子の厨房 | Comments(0)

126 クルド族の塩入れ袋

遊牧民の必須アイテムの塩袋。気にはなっていましたが集めたいと思うのが遅かったので、現地でいいものは少なく、あったとしてもかなり高額だったこともあり、現在はこの一点のみしか所有していません。

イラン北東部のホラサーン州に暮らすクルド族の塩入れ袋です。人間と同様に動物も塩を必要とし、そこに塩があるとなめるため、凸型にすることで防止しているようです。

定住化などによりこのような塩入れ袋もマーケット用にリプロダクトされることはありますが、生活で使われることは少なくなり、昔のオリジナルの塩入れ袋は現地でもかなり入手しにくくなっています。

素材のほとんどは羊毛ですが、写真2枚目の白色は絹が使われています。写真3枚目のように一部修理箇所はありますが、パイルは均一に残っており、状態のいい一品です。文様は洗練されていませんが、クルド族らしい味わいがある塩入れ袋です。1930年前後のものだと思います。

サイズ:34x40cm
f0057070_17463207.jpg
f0057070_17463039.jpg
f0057070_17462594.jpg
f0057070_17462369.jpg

[PR]
by charsuq | 2017-07-30 17:57 | My collection | Comments(0)

ヒドリガモ

f0057070_09231061.jpg

[PR]
by charsuq | 2017-07-29 09:23 | 動物 鳥 | Comments(0)

イヌザンショウ

f0057070_19593342.jpg
f0057070_19593595.jpg

[PR]
by charsuq | 2017-07-28 19:59 | 樹に咲く花 | Comments(0)

ブータン旅行 その55

f0057070_19570854.jpg

[PR]
by charsuq | 2017-07-27 19:56 | ブータン | Comments(0)

トノサマガエル

f0057070_05540788.jpg

[PR]
by charsuq | 2017-07-25 05:54 | 動物 鳥 | Comments(0)

妻の居ぬ夜に砂肝を食らう

妻が僕よりも帰宅が遅いことはほとんどないし、これをシリーズ化するつもりはないが、妻がいないとき世の男性がどういうものを食べているのか参考にしていただければと・・。

飼い猫が腹をすかせているだろうから、退社後は外食せず。土用の丑の日を前にコスパのいい刺身のラインナップはなく、迷った挙句一パック残っていた砂肝(砂ずり)170g=150円のみ購入。

帰宅後、猫に餌をやり、キッチンで山形県の美酒「くどき上手」を飲みながらさくっとあてを作る。
砂肝は半分に切り、オリーブオイルで炒め、火が通ったら、ピーマンとツルムラサキの葉を入れる。味付けは塩と胡椒、鶏ガラスープの素(化学調味料無添加)のみ。炒めている間にグリルで茄子を焼く。

焼き茄子はおろした生姜と鰹節で、冷奴は刻みネギと鰹節で、そして砂肝とピーマン・ツルムラサキの葉の塩コショウ炒めをアテに日本酒をいただきました。最後に素焼きのおかきと山椒入りの塩昆布、ワサビをご飯の上にのせ、熱いほうじ茶をかけてしめました。
f0057070_22023599.jpg

[PR]
by charsuq | 2017-07-24 22:13 | | Comments(0)

162 ヘリーズ(?)の絨毯

現地のディーラーはへリーズ産の絨毯をカットしたものだと言っていました。へリーズはイラン北西部のアゼルバイジャン州にある町です。

キリムエンドの処理や文様などからワギレ(柄見本)だったかもしれません。都市工房では意匠紙が用いられることがありますが、ワギレと呼ばれる柄見本をもとに織り手は絨毯を織ることがあります。何種類かのデザインが不規則に織り込まれているものが多く、その文様をまねながら一枚の絨毯を織るのです。

不思議な文様の組み合わせですが、蓮華紋を中心にバランスのとれた美しい小さな絨毯です。

サイズ:48x56cm
f0057070_07165803.jpg
f0057070_07170173.jpg
f0057070_07170249.jpg
f0057070_07170504.jpg


[PR]
by charsuq | 2017-07-23 07:24 | My collection | Comments(0)

ブータン旅行 その54

f0057070_08513414.jpg

[PR]
by charsuq | 2017-07-22 08:51 | ブータン | Comments(0)

チャイロキリガ(幼虫)

f0057070_21342855.jpg

[PR]
by charsuq | 2017-07-20 21:34 | イモムシ | Comments(0)


いつか また どこかで


by charsuq

プロフィールを見る

トライバルラグの販売サイト

オールド・アンティークのトライバルラグ&テキスタイルを販売しています。非売品もあり、ほとんどは値段を表示していませんが、お気軽にお尋ねください。Gallery Forest


1.私へのメールはこちら。その際はタイトルに「旅と絨毯とアフガニスタン」の文字を入れてください。そうでなければ見ずに削除してしまうかもしれません。
2.写真の無断転載禁止。

カテゴリ

全体
自己紹介
My collection
絨毯 キリム
アフガニスタン
Photo album
じゃらんじゃらん
ブータン

染織と民族衣装
雑記
奈良のこと
美術館 博物館
読書灯
登山 大峰山系
登山 台高山系
登山 葛城・金剛・紀泉
登山 鈴鹿山系
登山 近畿その他
登山 あれこれ
植物
昆虫
樹木
樹に咲く花
山と野に咲く花
動物 鳥
シダ


虫こぶ
イモムシ
きのこ

日本酒(家飲み)
日本酒(外飲み)
銀の街へ
男子の厨房
家族

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

お気に入りブログ

イスラムアート紀行
部族の絨毯と布 caff...
奈良今昔物語
日本酒のおと

最新のコメント

今週は二日もお会いしまし..
by charsuq at 08:57
今日日本酒と私でご一緒さ..
by fmyr1107 at 21:17
鍵コメント様 ok。ま..
by charsuq at 20:35
奥羽自慢をブログで紹介し..
by 奥羽自慢 at 08:35
やまぞえくん やっぱ、..
by charsuq at 22:15
蠍座には私も足繁く通って..
by やまぞえ at 00:11
じんじさん、僕が1歳のと..
by charsuq at 22:19
74年に外語卒業前に初め..
by じんじ at 11:59
じんじさんは猫好きだった..
by charsuq at 20:44
私が勝っていた猫は白いヒ..
by じんじ at 23:08

検索

記事ランキング