カテゴリ:樹木( 14 )

ナンキンハゼ

トウダイグサ科シラキ属。
f0057070_22433498.jpg

中国原産で公園樹、街路樹、庭木として植栽されている。
f0057070_22463296.jpg
f0057070_22463936.jpg

[PR]
by charsuq | 2013-08-30 22:44 | 樹木 | Comments(0)

シナノキ

シナノキ属。
f0057070_2214415.jpg

樹皮は縦に浅く裂け、葉はハート形であり、比較的識別が容易な樹木だ。
f0057070_2215449.jpg

今年は花を見ることができなかったので、来年は見たいものだ。
f0057070_222298.jpg

[PR]
by charsuq | 2013-08-09 22:05 | 樹木 | Comments(0)

ウバメガシ

奈良の里山で見かけないが、紀泉アルプスにはウバメガシがたくさんあった。海岸部に自生するブナ科の樹木のひとつである。これらが自生なのか、植栽されたのかはわからないが、本当にたくさんあった。
f0057070_9314168.jpg

二週間前に放送された奇跡の地球物語で、このウバメガシが紹介されていた。備長炭の原木として最適とされることは知っていたが、紀州、日向、土佐が三大ブランドであることは知らなかったし、名前がこの炭を扱っていた備中屋長左衛門という商人に由来することも知らなかった。備中(岡山)あたりのものだと思ってた・・・。
f0057070_9315987.jpg

昨年も同じ道を歩いているのだが、そのときはウバメガシのことをまったく知らずにいた。同じ関西の低山でも地域によって樹種が異なることを気付かなかった。ひとつ年をとっただけなのに、ものの見方や面白いと思うことがこんなにも変化するのはとても不思議だ。
f0057070_932142.jpg

今年は自然からいろいろなことを教えてもらいながら、野や山を歩きたいと思う。
f0057070_9323173.jpg

[PR]
by charsuq | 2013-02-03 09:22 | 樹木 | Comments(0)

カクレミノ

奈良市内で庭木としてときどき見かけるが、山で見たことがなかった。紀泉の山を歩いていたときの写真だが、数えきれないほど多くのカクレミノが生えていた。暖地の二次林に多いようだが、本当にたくさんあった。
f0057070_21461517.jpg

カラミツデ、テングノウチワ、ミツデ、ミツナガシワなどの別名があり、ヤツデと同じくウコギ科だが、ヤツデが低木なのに対して、カクレミノは高木である。着ると姿が隠せる蓑、からこの名前がつかれれたようであるが、むかしの人たちはなんと想像力豊かだったんだろうか。
f0057070_21463182.jpg

葉は切れ込みのないものや3~5裂のものもあるが、成木では切れ込みのないものが多くなる。
f0057070_2146467.jpg

[PR]
by charsuq | 2013-01-18 21:54 | 樹木 | Comments(0)

ウラジロノキ

樹皮に菱形の皮目が目立つこの木は容易に識別できる。ただし、老木になると樹皮が鱗片状にはがれるようだ。この木は紀泉で初めて見たが、奈良の白豪寺東側から大文字火床への登山道にもあったから、関西の低山にはどこにでもあるのだろうか?
f0057070_21174064.jpg

樹皮がまだ緑色の幼木?の菱目はなんともかわいらしく、また逢いたい木のひとつとなった。
f0057070_21175912.jpg

[PR]
by charsuq | 2013-01-17 21:21 | 樹木 | Comments(0)

ヤマモモ

昨年の12/29に持ち帰った宿題のひとつがようやくわかった。それは久しぶりに紀泉の山を歩いていてわかったのだ。
f0057070_23191183.jpg

ずいぶんとこの木が多いなあと思っていた。ウバメガシ、カクレミノなど奈良県内の低山でそれほど多くない(というか、僕はこの2ヶ月で見た記憶がない)樹木がちらほらあり、新鮮だ。雲山峰のピークを越えて、地蔵山に向かって歩いていた時、樹木にプレートがかかっていることに気づく。ソヨゴ、カゴノキ、イロハモミジ、シャシャンボ、他にもなにかあったけど忘れた。ハゼノキとウラジロノキ以外は知っているものだった。この木の名前を教えてくれないかなあと期待したが、展望のある広場を過ぎてもそれがなく、もうあきらめたとき「ヤマモモ」と書かれたプレートが足元に見えた。
f0057070_23193077.jpg

やっぱり、そうだったのか。痩せた土地でも育つようで、海沿いの低山でよく見られるようなので、これから土地によって樹種がどう違うのかを見る楽しみができた。ヤマモモの木は奈良の低山でもたまーに見かけることがあり、柳生街道の紅葉橋から大文字火床への道沿いに1本ある。僕が知らないだけでもう少しはあるのかな?
f0057070_23194746.jpg

樹皮はタンニンを多く含み、乾燥させたものは下痢止め、黄色や茶色の染料に用いられるようだ。
むかしの人たちは樹木(だけじゃないけど)のことをよく知っていたんだなあ。ひとつの木からむかしの人たちの知恵と生活を知ったとき、僕は山を歩く楽しさをまたひとつ知った。
f0057070_2320664.jpg

[PR]
by charsuq | 2013-01-15 23:29 | 樹木 | Comments(0)

アオモジ

以前の記事で「クマノミズキか?」と書いた木はアオモジであることがわかった♪教えてくれたのは
こちらのサイトでした。
f0057070_2018279.jpg

いつまで楽しませてくれるの?
春日大社へ初詣に行った今年の1月初旬でも鷺原道に1本あったアオモジはまだ葉を落とさず色づいていた。
[PR]
by charsuq | 2013-01-12 20:19 | 樹木 | Comments(0)

ナナミノキ

うっかりシラカシと間違えてしまう。赤い果実があると判断は容易であるが、ここ2ヶ月のあいだでナナミノキをシラカシと思っていたことがあった。
f0057070_17163612.jpg

手で触ったときの質感が違うし、ナナミノキは側脈が葉縁に完全に届いていないように思うので、これからは葉だけでも何とか識別できるかもしれない。
f0057070_17164530.jpg

ひとつずつ違いがわかってくるのはとても楽しく、それによりそれぞれの木に今まで以上に親しみを感じるようになった。
f0057070_17165436.jpg

[PR]
by charsuq | 2013-01-04 20:23 | 樹木 | Comments(0)

ナギ

本州では伊豆諸島式根島、和歌山県、山口県に分布する暖地性の樹木のひとつであるが、神木として神社の境内に植えられることが多い。今まで何を見て歩いていたんだか、と恥ずかしい限りであるが、ナギの木がこれほど春日大社周辺にあるとは知らなかった。ってか、ナギっていう木を最近まで知らなかったし・・・。
f0057070_2125698.jpg

幅3cm長さ5cmほどの葉は鋸歯がなく細い平行脈があり主脈がないのだが、なんでこれが針葉樹に分類されるのかわからない。樹皮は黒褐色で不規則にはがれ落ち赤褐色の肌とのまだら模様であることが多く、すぐに識別できる木のひとつだ。
f0057070_2131599.jpg

春日大社のナギも1000年以上も昔に植栽されたと聞くが、今ではイチイガシなどの照葉樹の森に違和感なく溶け込んでいる。
f0057070_214457.jpg

[PR]
by charsuq | 2013-01-03 17:16 | 樹木 | Comments(0)

シャシャンボ

朝の墓参りと掃除、夕方のお使いの間の時間をかすめ取って、今日も年金山(二上山のことね)にでかけた。以前この山で会ったおじさんが「年金生活者が毎日登っている山やから、年金山と呼ばれてるねん」と言っていた。前回その樹皮が気になっていたが、今日それがシャシャンボであることがわかった。
f0057070_2003435.jpg

ブルーベリーに似た果実はアントシアニンを含み生食可であるようだ。裏面の主脈には数か所突起物があるようだが、よく見るとこれがそうかなあと思うが、持って帰った一枚の葉ではそれがわかりにくかった。
f0057070_2005184.jpg

もうひとつナワシログミは覚えた。特徴的は葉は見ればすぐわかる。苗代を作る頃に果実が熟すことからその名がつけられたようだ。これは果実期にアップしようと思う。
[PR]
by charsuq | 2012-12-31 20:05 | 樹木 | Comments(0)


いつか また どこかで


by charsuq

プロフィールを見る

トライバルラグの販売サイト

オールド・アンティークのトライバルラグ&テキスタイルを販売しています。値段を表示していないものもありますが、お気軽にお尋ねください。Gallery Forest


1.私へのメールはこちら。その際はタイトルに「旅と絨毯とアフガニスタン」の文字を入れてください。そうでなければ見ずに削除してしまうかもしれません。
2.写真の無断転載禁止。

カテゴリ

全体
自己紹介
My collection
絨毯 キリム
アフガニスタン
Photo album
じゃらんじゃらん
ブータン

染織と民族衣装
奈良のこと
雑記
読書灯
登山 大峰山系
登山 台高山系
登山 葛城・金剛・紀泉
登山 鈴鹿山系
登山 近畿その他
登山 あれこれ
植物
昆虫
樹木
樹に咲く花
山と野に咲く花
動物
シダ


虫こぶ
イモムシ
きのこ

日本酒(家飲み)
日本酒(外飲み)
銀の街へ
男子の厨房
家族

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

イスラムアート紀行
部族の絨毯と布 caff...
奈良今昔物語
日本酒のおと

最新のコメント

鍵コメント様 ok。ま..
by charsuq at 20:35
奥羽自慢をブログで紹介し..
by 奥羽自慢 at 08:35
やまぞえくん やっぱ、..
by charsuq at 22:15
蠍座には私も足繁く通って..
by やまぞえ at 00:11
じんじさん、僕が1歳のと..
by charsuq at 22:19
74年に外語卒業前に初め..
by じんじ at 11:59
じんじさんは猫好きだった..
by charsuq at 20:44
私が勝っていた猫は白いヒ..
by じんじ at 23:08
鍵コメントさま、そうです..
by charsuq at 22:36
MILK MODEさん、..
by charsuq at 00:15

検索

記事ランキング